亀丸です。

占いの鑑定をしていると、心配症の人というのは幸せな状況になったとしても、なかなか素直に喜ばんもんやな、と思うことがあります。

いいことがあればもっと喜べばいいのに、「いや」「でも」と不安をつくり出しているようにみえる。
損得で、損な性格やと思います。

でも、別にあなただけがそういう損な性格ではありません。

私だって日々の暮らしのなかで、幸せを感じることをよく忘れてしまっています。
もしかしたら、多くの人がそうなのかもしれません。

幸せは「噛みしめる」もの

「幸せを噛みしめる」という慣用句がありますが、文字通り、幸せってのは噛みしめないと感じ取れないものなのでしょう。

幸せを素直に感じることは、案外と難しいことです。

苦しみは何もしなくても感じますが、幸せはよく噛まないとその味を感じられません。

幸せボケて慢心してしまうのもなんですが、時々は自分の今の幸せをちゃんと噛みしめることは大切だと思います。

o0320024012582871551


言葉通り、口をイーッとして「幸せを噛みしめる」ようにしてみてください。
幸せという食材をゆっくり噛みしめるイメージで。

すると、幸せは感じとりやすくなります。

え、本当に?

案外と幸せになってきます。



クリックをお願いします。