月曜日の性質

月曜日の性質は「一人作業を好む、クールな職人肌」

monicon2

 月曜日は、共同で作業するよりも、ひとりで淡々と仕事に打ち込むことを好みます。そちらのほうが集中できて、いい仕事ができると思っているからです。

 月曜日は仕事は結果が大切だと思っています。結果を出すために、けして手をぬかない性分なのですが、周囲にあわせたり、上司に根回しすることが苦手なので(そういうのは効率が悪いと思っているので)、クールな人、人づきあいの悪い人とみられます。
 タイでは「孤独を愛する」「親戚づきあいが悪い」なんて言われたりしています。


強いこだわりを持つ完璧主義者

 月曜日は仕事に妥協しません。
 些細なところにこだわって、いつまでも仕事にけりがつけられません。「完璧主義者」といってもよいでしょう。
 それは上司に叱られたくないからとか、給料を上げたいからといった損得からではなく、「仕事を完璧にこなしたい」「いいものをつくりたい」といった純粋な気持ちがモチベーションになっていることが多いのです。根っからの職人肌なのです。

 向いているのは、資格系の仕事やプロフェッショナルな技術を要する仕事です。クリエイターなども多いです。
 月曜日の人は仕事選びが重要です。自分の職人性を十分に発揮できない職場だと、人一倍ストレスを感じてイライラしてしまいます。


言われたとおりにやることが苦手

 月曜日は「みんなと同じようにやれ」といわれると、途端にやる気を失います。言われたとおりにやることがひどく苦痛に感じる性分なのです。

 自分で考えて、試して、自分のやり方でやらないとうまくできないのです。
 月曜日をやる気にさせる言い方は「やり方はお前に任せるから、結果を出せ」という頼み方です。そう頼まれれば誰よりも頑張って結果を出そうとするでしょう。


合理的な考え方を好む

kindle版『曜日占い 2017』をお読みください。


恋愛では受け身

 そもそも一人が落ちつく性分なので、恋愛を億劫がるところがあります。
「自分の生活リズムを乱されずにつきあえるなら……」なんて都合のいいことを考えているのです。

 自分からアプローチをかけていくことが不得意なので、どうしても相手からやってくるのを待ってしまいます。
 好きな人がいてもじっと奇跡が起こるのを待っているだけになりがちで、結局それほど好きでもなかった人にぐいぐい押されて落とされてしまうなんてことも多いのです。


ベタベタ、束縛が苦手

kindle版『曜日占い 2017』をお読みください。


インドアで、出不精

 月曜日はインドアな人が多いです。一人の世界に入りたいのでしょう。どんなことでもとことん究めたいという性質があるので、たとえば好きな作家やアーティストのものならすべて揃えたい、興味のあることは調べつくしたい、そういう欲望が強い傾向です。オタク気質とも言えるかもしれません。


有名人でいえば

 プロ野球のイチローさんは月曜日生まれです。
 イチローさんは日々の生活でも徹底した自己管理を貫いていることで知られています。たとえばシーズン中は毎日、昼食で食べるメニューを同じにしているそうです。ほんのわずかな変化であっても、身体の感覚やリズムが狂わないよう細心の注意を払っているのです。
 まさしく野球職人。傑出した成績をあげ続けてきたのにはわけがあるのです。
 一人を愛する職人肌のイメージなら、亡くなられた高倉健さんや尾崎豊さんも月曜日らしい印象の方でした。

 女性有名人でも、中谷美紀さんや篠原涼子さん、藤原紀香さんなど、クールで自分に厳しいイメージの方が月曜日生まれです。



kindle版「曜日占い 2017」発売中!
2017年の毎月の運勢や一言メッセージ、曜日占い護符付き!





クリックをお願いします。