亀丸です。

今回は占い本書評です。
これから、占い本ブックレビューをぼちぼちと書いていこうと思ってます。亀丸の変わった読み方を面白がっていただければと思っております。
商品が気になる本は是非クリック先のamazonページをチェックしてみてください。

           ※

今年2017年に出版された『孫さんの四柱推命運命学』という四柱推命入門書のなかにある萬年暦をいたく気に入ってます。

四柱推命をやるなら今一番見やすい萬年暦なんじゃないかと思います。




この本は四柱推命の解説書なのですが、解説のところは難しくて、正直わかりにくいです。でも、萬年暦としてだけでも購入に値します。

値段が2000円弱で、コストパフォーマンス抜群。
とくに四柱推命を勉強中の人に薦めまくっています。



孫さんの四柱推命運命学
孫 信一
阿部出版
売り上げランキング: 458,479



何歳運かがすぐわかる!

孫さん万年暦02


まずありがたいのは男女で大運の何歳運かがすぐわかるようにしてくれているところです。

「……えーと、逆行運だから、節入り日から数えて、えーと、23日か。3で割ったら……7と余りか。7歳運かな、違う、繰り上がって8歳運か」

みたいな計算をしなくて助かります。
実戦の鑑定の場では、数秒でも時間を短縮したいのでとても助かっています。


また、節入り日を0日目にして、そこから5日ごとに区切っていて、その日が節入り後何日目にあたるかがすぐわかるレイアウトになっているので、蔵干出しも便利です。

これ、四柱推命入門者にはとってもわかりやすい配慮だと思います。
なんで、他の四柱推命入門書がこのレイアウトにしていなのか不思議にすら思います。


紙質がすべすべしていている!

やっぱり紙質は大事。

この本のすこぶるいいところは、紙。
肌触りのいい紙を使っていて、すべすべしています。ページをさっとめくる時が気持ちがいい。

電子時代の今、紙の質にこだわってない本は存在価値がないと思います。高い値段をつけているくせに紙代をケチっているような本は許せません。




私は元の本から萬年暦の部分だけをカッターで切り離してテープで一枚一枚止め直して、持ち運び用にしています。

なおピンクでマーキングしているのは日曜日です。曜日占いも同時にできるようにしてます。

この本、萬年暦だけ再編集して出してくれないかな。
1000円ぐらいで出してくれたら10冊買ってもいいです。

ともかく四柱推命勉強中の方におススメの一冊です。



孫さんの四柱推命運命学
孫 信一
阿部出版
売り上げランキング: 458,479






その他・全般ランキング