亀丸です。

「日本一イケメンの文殊菩薩(もんじゅぼさつ)がいらっしゃるという話を聞いて、奈良県の安倍文殊院(あべのもんじゅいん)というところに行ってきました。

日本一イケメンの文殊菩薩像

おお。

文殊菩薩

切れ長の目の、端正な顔立ち、確かに塩顔のイケメンです。

鎌倉時代につくられた仏像ですが、イマドキなイケメン感があります。
近ごろの20代若手俳優に似た人がいそうです。

そして、大きい。
獅子の上に座っているのですが、全長約4m。
よくみれば細くて、足も長くて、スタイルもいい。

文殊菩薩っていうのは「3人寄れば文殊の知恵」ということわざがあるように、「知恵」の神様です。
頭の良さ、賢さ、洞察力みたいなのを欲しいときにすがりたい神様です。

ちなみに、作者は運慶・快慶のコンビでおなじみの快慶のほうの作品。
さすがです。


安倍一族の氏寺

安倍文殊院は、近鉄の桜井駅を降りて南へ徒歩20分ほどのところにあります。
最後に大きな坂がありますが、天気が良い日であればのんびり歩いてちょうどいいぐらいの距離です。

安倍文殊院01

安倍文殊院は、安倍氏一族の氏寺です。
安倍氏は古い時代から朝廷内で重要な地位を占めてきました。

文殊菩薩を祀っていることからみても、「知恵」や「賢さ」を武器にしてきた一族なのでしょう。

たとえば、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)という人は百人一首にも歌が入っている人です。
この人は「言葉」の才能に恵まれた人でした。
彼は奈良時代に唐(当時の中国)に渡り、そこで科挙(中国の高官登用試験)に日本人ながらにして合格、文学や詩の才能に秀でていたらしく、唐で文学担当の役人として重用され、当地で一生を終えた人です。

もっとも有名な安倍一族は、安倍晴明(あべのせいめい)です。
説明は不要でしょう。平安時代の天才陰陽師として、現代の小説や映画にもよく登場しているあの人です。


安倍晋三首相も文殊菩薩の知恵を頼った!?


安倍文殊院02

現代でもっとも有名な「安倍さん」は、総理大臣の安倍晋三さんでしょう。

安倍晴明などの安倍一族と直接的な血縁関係はないようなのですが、安倍文殊院のもっとも目立つところに献燈碑が置かれていました。

2010年に献燈されたものらしいです。
当時は民主党政権時代で、安倍さんにとっては第一次安倍内閣の失敗のあとの、再起の道がまったくみえない苦悩の時期でした。

安倍さんも文殊菩薩様のお知恵をお借りしたかったのかもしれません。





クリックをお願いします。




amazonのkindleで
電子書籍発売中!

amazon.comで「亀丸」で検索してください。
キンドル版曜日占い7冊


大阪・アメ村(千里眼)で対面鑑定。
平日の夜に電話占い(ヴェルニ)。
<結婚・恋愛占い>
「いつ、どんな人と結婚するの?」など
驚かれるほど具体的にお伝えします。
<天職・適職診断>
お仕事のご相談、得意にしています。
あなただけの答があります。
詳細は鑑定ページをご覧ください。