亀丸(かめまる)
亀丸占い師プロフィール

電話占い対面占いの両面で、日々活動している現役の占い師です。

多くの人とのご縁にめぐまれて、プロの占い師として7年間やってきました。

あなたの素敵な「未来」がちゃんと視えるように、日々、占いの技術と感性を研ぎ澄ませてきました。
迷ったときにきちんと答が出せる占い師であろうと思っています。

占術は、易占(周易)をメインとしています。
とくに3か月以内の未来を当てることを得意にしております。
答えがふっと降りてきた瞬間は、相談者さんが驚かれるほど具体的なことまで的中させます

その他、亀の甲羅を使う亀甲占、20年以上に渡り研究を重ねてきた手相、タイ国5年在住の経験をもとにした本物の曜日占い28宿式宿曜占星術など、さまざまな東洋系の占術を扱っています。


鑑定/占いをご希望の方(対面鑑定・電話鑑定)

大阪・アメリカ村での対面鑑定、全国からの電話鑑定の両面で、占いを受け付けております。


☆鑑定──占いをご希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://kamemaru.net/kamemarusession.html


メディア履歴


☆これまでのメディア履歴(出版・テレビ・携帯占いなど)は以下のページをご覧ください。
http://kamemaru.net/category/media.html


実際の鑑定だけではなく、執筆活動やメディア展開などもチャレンジしています。
2012年には、タイ式曜日占いについての著書『なぜ水曜日生まれは傷つきやすいのに土曜日生まれを愛してしまうのか』を実業之日本社さんより出版、、また携帯占いコンテンツの分野でメディア工房さんとのコラボで「玄武占」をリリースしました。また亀甲占や曜日占いでのテレビ出演など、占いに関するさまざまな分野を手がけています。


取材/仕事依頼


☆お問い合わせ──取材・仕事依頼などは
http://kamemaru.net/archives/ask.html




亀丸ちゃんねる480イメージ
☆youtube『亀丸ちゃんねる』
2016年秋からスタートしました。易や手相など占いの解説動画を主にアップしています。
https://goo.gl/Fn2z4b


亀丸公式ブログ
☆亀丸公式ブログ『亀丸の占い教室』
長年にわたり、ご好評いただいて書いております。
http://ameblo.jp/kamemaru555/




「話しがいのある」占い師でありたい

相談者さんに「亀丸先生は話しやすい」と言ってもらえることがとても嬉しいです。
でも、ただ甘い、やさしいだけじゃ、話しても意味がない。
あなたが一所懸命に考えてきたことを、ちゃんと理解したうえで、その一歩先の話ができる、「話しがいのある」占い師であろうと心掛けています。

占い師とは誰かに「言葉」を運んでいく仕事

30代のとき、約5年にわたってタイを中心に台湾やインドなどアジア各国で過ごしてきました。そのときに得た、ふしぎな体験や思索の数々が今の力になっています。

路上の手相見から始めて、本当に多くの運とさまざまな人の縁に恵まれて、占い師を続けてきました。

占い師というのは「言葉」を運ぶ仕事だと思っています。

その人が運命の岐路に立ったときに、目印となる「言葉」を伝えるのが占い師の役割です。
私が誰かのもとに「言葉」を運んでゆく役割があるなら、その日までは占いの神様が助けてくれて、占い師としてやっていけるのだろうと信じています。

もともとすごい能力があったわけではありません。
占い師になってから、なぜかふしぎと占いが的中するようになりました。

ふしぎと「的中する!」と言っていただけます。

なぜかしら当たる。
必要な場面で奇跡が降りてくる。

そういう感覚があります。

きっと職業占い師とは皆さんそういうもので、占い師してやってゆく何かのお役目をいただいたのでしょう。占いの神様が助けてくれていると思っています。

その助けがある理由はきっと、いつの日かあなたに、伝えなければいけない「言葉」があるからなのでしょうね。

あなたにその言葉が伝えられるその日まで、占い師を続けていこうと考えています。



            ★


抜群の的中率と、温かく、ユーモラスな語り口調で、とくに深夜の女性相談者に高い人気を得ている。
(亀丸著『なぜ水曜日生まれは傷つきやすいのに、土曜日生まれを愛してしまうのか』のプロフィール欄より)

アジア各国で修行を積まれ、多彩な東洋占術を極められた先生です。
その的中率はスタッフを驚愕させるばかりか、他の占い師がおしのびやってくるほど。
一人一人のお悩みと真摯に向き合い、ご相談内容を大切に受けとめてくださるのでご相談者様からの信頼も厚く「とても話しやすい、癒される」とのお声をよく伺います。
何より柔らかで、ユーモラスな口調も人気の秘訣。亀の甲羅を使う『亀甲占』でテレビに紹介されたり、2012年には本も出版された大人気の先生です。

(占い館・千里眼スタッフからの紹介コメントより)