亀丸です。

あなたがそうだと思い込んでいる「男性像」と「女性像」は、リアルな男性女性と違うかもしれません。
「男性はこうあるべき」という思い込みが、余計な精神的負荷をかけているかもしれません。

リアルな男性と女性を考える際に、ぜひ見てほしい映画があります。『フレンチアルプスで起きたこと』というスウェーデン映画です。


フレンチアルプスで起きたこと [DVD]
オデッサ・エンタテインメント (2016-01-05)




スキーリゾート中に雪崩(なだれ)が発生!

物語は、あるスウェーデン人一家を中心に描かれます。

エリートビジネスマンの夫、その妻、小学生の娘と息子の4人家族が、5日間のバカンスでフランスの高級リゾートにスキーをしにやってきました。
裕福で恵まれた、絵に描いたような欧米の理想の家族です。

2日目の昼食時に事件が起こります。

山の斜面に面して広がる、オープンテラスのレストランで4人が食事をとっていたとき、いきなり爆発音とともに雪崩が発生しました。

レストランに向かってものすごい速度で進んでくる雪崩をみて、レストラン内は大パニック。
逃げ惑う人々のなかで、妻は雪崩から二人の子供を守ろうと必死で抱きかかえます。その一方、夫はスマホだけを持って一人で逃げ出してしまったのです。

frenchalps03


旦那は私たちを守ってくれなかった……

雪崩はレストランの手前で急に止まり、結局レストランは白い煙に包まれただけで、何の実害もありませんでした。が、妻は夫のとった行動がショックでした。

「旦那は私たちを守ってくれなかった……」

理想的だった夫婦の仲に、突然、大きなヒビが入ったのです。

妻は夫のとった「自己中心的」ともみえる行動がどうしても許せません。
その後、バカンスが全く楽しめなくなります。
他の人たちを交えた歓談の際にも、突然「雪崩」の話を切り出して、夫を責め立てます。

夫は無かったことにしてしまおうと知らぬ存ぜぬに振る舞いますが、スマホのなかに雪崩が起きたときの撮影動画が残されていて、言い逃れできなくなります。
夫は恥ずかしくて、家族の前で、もはや父親として旦那として振る舞うことができません。精神的に追い詰められていきます。



frencha01

女性は本能的に子供を守るが、男性は逃げ出す

この映画のテーマは、「自然の大災害のような予期せぬ事態の時、リアルな話、男女によってどのような行動の差があるか?」です。

この夫婦に起こったことは特殊なことではありません。

この旦那だけが特別に自分勝手なわけではありません。

どうやら生命にかかわる危機が起こったとき、女性は本能的に子供を守るのですが、男性は逃げ出してしまうそうです。研究者が過去の天災や事故を調べていった結果、明らかにそういう傾向がみえるそうです。

監督のリューベン・オストルンドはこう語ります。

「実際に研究結果があるのですが、ハイジャックや船の沈没といった大惨事の後に多くの生存者カップルは離婚しています」

生か死かという状況で自分の生存がかかった場合、女性に比べて男性は逃げ出して自分自身を守ろうとする傾向がある。本能的に男子は自分、女子は子供が一番なんです。
しかし、世のつくられた既成概念として『男は妻や家族を守る存在であり、危険に直面した時に逃げてはいけない』と信じられている。
それで、男性も女性も自分たちを責めるようになる。
男性は自分はダメな男だと思い込むようになり、女性は自分は愛されて無かったと思い込むようになる。それによって、離婚の原因になるのです。

「男性は妻や家族を守るもののはずなのに……」
というイメージと現実との違いに苦しんで、別れを選んでしまうカップルが少なくないのです。

オストルンド監督はその現実を訴えたくて映画を作成したそうです。

frencha02


女性のほうが「愛が深い」と思う

占い師として立場上、女性の話をよく聞いているのですが、やっぱり女性のほうが「愛が深いんだなあ」と感じることが多いんですよね。

自分が好きになった人に対する"愛"──男性よりその根はずっと深いと思います。
だから女性からしたら、男性側からの愛は自分に比べてひどく浅いように感じるんでしょうね。

女性からの恋愛のご相談の大半を、一言でまとめると
「自分が抱えている"愛"に比べて、彼や旦那からの"愛"が感じ取れない──」
ということなんですよね。


でも、もしかしたらそれは男性に期待しすぎなのかもしれません。

この『フレンチアルプスで起きたこと』という映画をみていると、男性ってのは本質的に"愛"が浅い生き物なんだなと思ってしまいます。
きっとそれが現実なのでしょう。
愛が浅い分、責任感や自尊心といった別の感情で補って、なんとか女性とつきあっている生き物なのです。

だから「私の愛と比べて彼の愛が少ない……」というのは、しょうがないと思ったほうがいいのかもしれません。
「男なんかこんなもん」と期待値を下げておいたほうが、男性とは楽につきあっていけるんじゃないかなと思ってます。





↓商品リンクをクリックしてもらえるだけでも嬉しいです。

DVD『フレンチアルプスで起きたこと』
フレンチアルプスで起きたこと [DVD]
オデッサ・エンタテインメント (2016-01-05)







その他・全般ランキング