亀丸です。

ここではサイコロ易(ダイス易)の中級者、上級者向けに4色のサイコロ(八面賽)を使って占う方法について書いていきます。

※「初級者編・2色のサイコロで占う方法」の記事は──
http://kamemaru.net/diceeki.html


4色の八面賽を使う方法

赤・青2色の八面賽で占うのに慣れてきて、少し物足りなく思えてきたら、上級者向けとして4色の八面賽で占う方法にもチャレンジしてみてください。
亀丸は実際の電話鑑定の現場では、4つの八面賽を同時に振っています。
4つのサイコロから出た八卦を組み合わせて、64卦を2つ出して占っています。

4色ピンク緑(黄緑)4色と決めています

※初心者はいきなり4つのサイコロを振ると混乱するので、まずは赤と青の2色のサイコロをしっかり使いこなすことから始めてください。完全に64卦が頭に入ってからでないと、4つのサイコロを扱うのは難しいです。

DSCF8040


4つのサイコロを使う場合は、
赤ダイス(外卦・上段)青ダイス(内卦・下段)でメインの卦(表の卦)、
桃ダイス(外卦・上段)緑ダイス(内卦・下段)でサブの卦(裏の卦)、

としています。

信号機と同じで、おぼえやすく、赤っぽいのが上青っぽいのが下としてください。


ダイス易占いの見方 copy

たとえば上の写真のような場合。
赤が6(水)、青が3(火)なら水+火で、メインの卦(表の卦)は「水火既済」とみます。
桃が2(沢)、緑が7(山)なら沢+山で、サブの卦(裏の卦)は「沢山咸」とみます。


2つの卦をどのようにみていくか

タロットの2枚スプレッドのように64卦を2つ並べるイメージでやっています。

基本的な占断はメインの卦でみます。
赤と青のサイコロからできる64卦で吉凶をおおまかに判断します。占いで問うたものへの答は基本的にメインの卦に込められています。
そこに、サブの卦の吉凶を加えていきます。
メインの卦とサブの卦が両方とも吉卦であればかなり吉とみていいでしょう。
吉凶が逆の場合は、基本的にメインの卦で読み解きますが、サブの卦の警告も加えて読みこんでください。


サブの卦は吉凶の補助だけではありません。
2つの卦を組み合わせて意味を膨らませてください。
私はメインの卦の意味を7~8割、サブの卦の意味を2~3割ぐらいの感じで組み合わせてみています。

わかりにくいと思うので、実例をあげてみましょう。

(1)
サブの卦でメインの卦の意味を補助していきます。
たとえば「異動先の職場はどんな感じですか?」という質問があったとします。
>とサイコロが出れば「沢風大過」×「水山蹇」なので、仕事がハードで残業が多い職場な上、男性上司または男性部下との人間関係もうまくいかないのかなと読み解きます。かなり不吉な予感です。
>とサイコロが出れば「沢風大過」×「沢雷随」なので、仕事がハードで残業が多い職場ですが、仕事のできる上司がいて、体力がもてば学べることも多いと読み解きます。大変そうなのは変わりませんが、プラス面もあるように思います。


(2)
同じ卦でもメインとサブのどちらに入るかで意味合いが変わります。

たとえば「彼の私への気持ちはどうですか?」という質問があったとします。
>とサイコロが出ればメイン「風天小畜」×サブ「火沢ケイ」。
どちらも小さないざこざを示すことが共通しています。別れる気はないけど多くの小さな不満がありそうに思えます。
>とサイコロが出ればメイン「火沢ケイ」×サブ「風天小畜」。
火沢ケイの意味合いを強く考えると、他の女性の存在が疑われます。
相談者さんに対して小さな不満をためていることは同じですが、意識のなかで別の女性の存在が大きくなっている可能性を考慮したほうがいいでしょう。


(3)
2つの卦を時間の経過による変化としてみることもあります。
最初はメインの卦の状態ですが、時の経過とともにサブの卦の状態になってゆくと読むこともあります。変爻による之卦と同じような使い方です。
たとえば、今から一か月後の状態はメインの卦、1か月後から2か月後の状態はサブの卦になるという風にみていきます。「彼といつ会えますか」といったご相談のときによくこの読み方でみます。


(4)
4つのサイコロ、2つの卦が同時に出る、だからこそ意味が出てくることもあります。
たとえば、4つのサイコロならではの、面白い鑑定例がこちらの記事です。
(参考記事)「2つの沢風大過」
http://kamemaru.net/takufutaika01.html



慣れるまで時間がかかりますが、サイコロを見た瞬間に一番強く感じたものを軸にして、卦の意味を読み解いていってください。

あなたの4096種類の卦ができてゆく

2つの64卦を組み合わせると、64×64で4096種類もの卦が出来上がります。
広い大地を自由に開拓していくつもりで、あなたなりの4096卦をつくりあげていってください。

「占いの神様と、4つの数字を使って、会話をしていく」
そういうイメージでやっていくとうまくいきます。
意識が入り込むと、サイコロからみえるのは数字ではなく、誰かからの言葉に感じられるようになります。ウソのようなことを言いますが、プロの占い師は本気でみんなそう感じてやっています。

「4つの数字のなかに、必ず答が入っているはず」
そう信じたときに起こる小さな奇跡が面白くて、今日も占い師としてダイスを振り続けています。



クリックをお願いします。




亀丸は、大阪・梅田で
易占教室を開講しています。

64卦をわかりやすいテキストと、
実践練習で最速マスター。
詳細は教室・イベントページをご覧ください。

大阪・アメ村(千里眼)で対面鑑定。
平日の夜に電話占い(ヴェルニ)。
<結婚・恋愛占い>
「いつ、どんな人と結婚するの?」など
驚かれるほど具体的にお伝えします。
<天職・適職診断>
自分の強みを見出すヒントをお伝えします。
詳細は鑑定ページをご覧ください。