占い師 亀丸HP/易占 曜日占い 手相 教室

「あなたに笑顔になってほしい」あなたが笑顔になれる方法を探します。
大阪の占い館・千里眼、電話占いヴェルニ、大阪・skypeで占い教室等活動中です。

占い師 亀丸HP/易占 曜日占い 手相 教室 イメージ画像

占い師が考える

亀丸です。「辻占(つじうら)」からの派生記事です。http://kamemaru.net/tsujiura.html以下のような考え方も、ひとつの「辻占」だと思っています。 町で見知らぬ人からやたらに話しかけられるとき町で道を尋ねられたり、飲食店のカウンターで話しかけられたり、煙草の火を
『見知らぬ人から話しかけられるときは運気上昇中』の画像

亀丸です。 「セーラー服おじさん」は、白髪に長いヒゲをはやした仙人のような顔のおじさんなのになぜかセーラー服を着ている、謎の人物です。とても痩せていて、華奢な体型なので変にセーラー服が似合います。大阪のアメリカ村でも見かけたことがあります。「セーラー服お
『セーラー服おじさんを見ると幸せになれる』の画像

亀丸です。 「辻占」(つじうら)という占いがあります。個人的にすごく好きな考え方の占いです。 辻占とは 辻占とは、町の人を観て占う占いです。 「辻」という漢字は、道を表すしんにょうに十(十字路)ですから、交差点という意味です。 もともと辻占は、夕方に辻(
『辻占(つじうら)』の画像

亀丸です。占いが当たる仕組みを論理的に説明する、その3です。※占いが当たる仕組み01http://kamemaru.net/uranairon01.html 占いの波に「乗った」 プロの占い師同士で、他の占い師のことを「当たる」「当たらない」と評することはほとんどありません。そういうポイントで
『占い師の波に「乗る」──占いが当たる仕組み03』の画像

亀丸です。占いが当たる仕組みを論理的に説明する、その2です。※占いが当たる仕組み01http://kamemaru.net/uranairon01.html 人間の潜在意識を利用する 人間の潜在意識を利用するという考え方です。私は卜占を「占いの神様と対話する占いです」と説明しています。自分の後
『二人なら潜在意識に飛び込みやすい──占いが当たる仕組み02』の画像

亀丸です。占いが当たる仕組みを論理的に説明する、その1です。「感じるから」「視えるから」と一言で言ってしまえばいいのですが、できるだけ論理的な説明を欲しい人に向けて、占い師側の視点から書いてみようと思います。3回のシリーズで、だんだんとよくわからなくなる
『なぜおみくじで大吉が出たら嬉しいのか──占いが当たる仕組み01』の画像

亀丸です。占いの鑑定をしていると、心配症の人というのは幸せな状況になったとしても、なかなか素直に喜ばんもんやな、と思うことがあります。いいことがあればもっと喜べばいいのに。「いや、まだまだ……」「でも、もしかしたら……」と不安が出てきたり、「このぐらいで
『幸せは「噛みしめる」もの』の画像

亀丸です。「日本一イケメンの文殊菩薩(もんじゅぼさつ)」がいらっしゃるという話を聞いて、奈良県の安倍文殊院(あべのもんじゅいん)というところに行ってきました。 日本一イケメンの文殊菩薩像おお。切れ長の目の、端正な顔立ち、確かに塩顔のイケメンです。鎌倉時代に
『日本一イケメンの文殊菩薩──安倍文殊院』の画像

亀丸です。前編よりの続きです。10年以上前「会社をやめるべき、続けるべきか」の二者択一の質問を占い師にしたとき、どう答えられたか。そのときの経験が今の占い師としての行動規範につながっていると思っています。
『二者択一に答えられる占い師でありたい(後編)』の画像

亀丸です。二者択一の質問にちゃんと答えられる占い師でありたいと思っています。その答が間違うこともあるかもしれません。でも、二者択一の質問に対して、その時出せる答をお伝えします。それはあなたを信頼しているから。
『二者択一に答えられる占い師でありたい(前編)』の画像

亀丸です。 3年前にブログで書いた記事をもとにしたものです。 当時から考え方は変わっていません。 「お客さん」扱いはしない 占い師として、いくつか「自分ルール」があります。 別に誰かにそう言われたわけではなく、自分で決めました。たとえば。亀丸は、鑑定にやってく
『「お客様」に「ありがとう」と言わない』の画像

↑このページのトップヘ