占い師 亀丸HP/易占 曜日占い 手相 教室

「あなたに笑顔になってほしい」あなたが笑顔になれる方法を探します。
大阪の占い館・千里眼、電話占いヴェルニ、大阪・skypeで占い教室等活動中です。

占い師 亀丸HP/易占 曜日占い 手相 教室 イメージ画像

易経の言葉

亀丸です。易経(易占い)の言葉にはいくつか良い言葉があって、そのひとつに「寒泉」というものがあります。「水風井」という卦のなかに書かれている言葉で、私のとても好きな言葉です。「寒」は「寒い」ではなく、「冷たい」と訳すとわかりやすいです。どんなときも「冷た
『寒泉(かんせん)──水風井』の画像

亀丸です。易経には、現代人の感覚で読んでも古びない鋭さを持った言葉が含まれています。苦節を貞にすべからず水沢節の卦に「苦節不可貞」と書かれています。「苦節(くせつ)を貞(てい)にすべからず」とよみます。「苦節」は現代の日本語でも使われる言葉です。たとえば、
『苦節を貞にすべからず──水沢節』の画像

亀丸です。風天小蓄という卦のなかに「富以其隣(その隣をもって、富をなせ)」という言葉があります。簡単にいうと、隣人とともに富(お金)を増やせ、ということですが、これを「近所の人と仲良くするべし」というぐらいで訳すのはあまりに浅い。この言葉を私は以下のよう
『富以其隣──風天小蓄』の画像

亀丸です。天沢履という卦のなかに「視履考祥(しりこうしょう)」という言葉があります。なぜかあまり有名な言葉ではないのですが、私はとても良い言葉だと思っています。「履を視て、祥を考えよ」と読みます。あなたがこれまで歩んできた道をもう一度見直して、幸運について考えなさい──という意味になります。
『視履考祥──天沢履』の画像

亀丸です。易経の山沢損の卦にある言葉です。「三人で行けば一人を損す。一人で行けば友を得る」文字通りに意味を考えていいでしょう。3人組でいって、2対1に別れてしまい、1人がポツンとしてしまう──実際の鑑定でそんなイメージを浮かべると、未来像が視えてくること
『三人で行けば一人を損す。一人で行けば友を得る──山沢損』の画像

亀丸です。地天泰という卦の「不戒以孚」という言葉は、もう家の中の一番目立つところに貼っておいて、いつも忘れずにいたい言葉です。なにか事をしでかしてから、ああ「不戒以孚だったな」と悔やむことが私は多いです。よかれと思って一言余計なことを言ってしまって、損を
『不戒以孚──地天泰』の画像

亀丸です。「豹変(ひょうへん)」という言葉は、一般的な日本語では悪い方向に変わるときに使われます。たとえば。さっきまで笑っていた王の顔が豹変した。「……お前の顔をみるのも最後だな」このように「権力者の心変わり」といった意味で使われます。豹は猛獣なのですか
『君子豹変──沢火革』の画像

亀丸です。易経の言葉のなかで有名なものも取り上げてみます。「観光旅行」「世界遺産を観光する」という風に広く使われている「観光」という言葉はもとは易経の言葉です。「観光」という言葉は、よくよく考えてみればふしぎな言い回しの言葉です。光を観るとはいったい何を
『観光 国の光を観る──風地観』の画像

亀丸です。 『易経』の言葉ではないのですが、「人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)」という言葉があります。 わりと知られている言葉ですが、ご存じない方も多く、お話をするとたいがい「それは面白い話ですね!」と喜んでいただけます。亀丸HPでは、これか
『人間万事塞翁が馬──天雷無妄』の画像

亀丸です。兌為沢という卦の「兌」という漢字について考えてみます。兌は気持ちいいこと、楽しいこと。悦楽の「悦」にも「兌」が入っています。では、説明の「説」は? 言葉で気持ちよくなることです。
『説明の「説」は言葉で気持ちよくなること──兌為沢』の画像

「人間万事塞翁が馬」に続いて、今回は「胡蝶の夢」という言葉についてお話しします。中国の古典からの言葉で、荘子という人の言葉です。「どちらが現実で、どちらが夢かはわからないものだ」という意味合いで使われます。
『胡蝶の夢 前編──山風蠱』の画像

亀丸です。胡蝶の夢のお話の後編です。前編よりの続きです。http://kamemaru.net/kochounoyume01.html 山風蠱と胡蝶の夢 タイで占い師をやっていたときの話です。当時は基本的にタイ人を鑑定していたのですが、たまに日本人もやってきてくれました。相談者さんは、タイの大
『胡蝶の夢 後編──山風蠱』の画像

↑このページのトップヘ