易占いとは、簡単にいうと、中国版タロットカード占いです。


易占いは卜占とよばれる種類の占いになります。

筮竹やサイコロ、コインなどを使い、「一問一答形式」で、占いの神様にお伺いをたてて、お答をいただく──そういう占いです。

易占は、陰と陽を6段に重ねたものが出てきます。
2の6乗なので、64通りの「卦」のどれかが出てきます。
タロットカードが78枚のカードから何が出るかで占うものとすると、易占いは64卦のなかから何が出るかで占うものです。




易は多くの人の手により磨かれてきました

周易と呼ばれる、現在の易占いは3000年前の中国・周の時代に成立したといわれます。
易の作者は誰かはわかっていません。誰か一人の発案ではないのでしょう。

易は、今風な言葉でいえばオープンソース(open source)だと私は考えています。
多くの人の手によって考えられ、磨かれてきたからこそ長い年月を超えた現代でも古びることなく、活き活きとした実用の占いであり続けているのです。

易は陰と陽の記号だけですべてが表現される美しい数学的なモデルに、そこに人間や社会を洞察する深みのある哲学がのっているという、きわめてユニークなシステムです。東洋系の学問の礎でいながら、実践の占いとしても優れているもの。
漢字圏に生まれた人間として、易の面白さを知らないでいるのはとてももったいない話だと思います。

歴史上の偉人たちも易を愛してきました

易占は多くの歴史上の人物にも愛されてきました。

儒教を開いた孔子が易を愛していたことは有名です。約2500年前の人です。
「韋編三絶(いへんさんぜつ)」という言葉があります。
孔子は易経という書物を愛読し、何度も何度も繰り返し読んだため、書物(韋編)のなめし革のとじひもが三度も切れた(三絶)という故事に由来する言葉です。

易学は日本にも伝わりました。
占いとして、学問として、多くの人に学ばれてきました。

たとえば江戸幕府を開いた徳川家康は、関ケ原の合戦の戦場に易占い師を連れていったと伝わります。(参考記事「徳川家康は関ケ原の合戦の前夜に易占いをした」
陰陽師安倍清明や初代総理大臣の伊藤博文、勝海舟など明治維新の立役者たちも、易を愛し、重要な局面で易を立てて難局を乗り越えてきました。

歴史上の偉人たちが易を用いたのは、やはり「力」があるからでしょう。人間を洞察し、状況を分析し、的確な答に近づくことのできる「力」が易にはあるのです。

uranaicore


どんな質問でも対応します。
でも易占は、吉凶がはっきり出る占いです。

亀丸は実際の鑑定において、易占をメインにしています。
意味がある質問であれば、どんな質問でも対応致します。

二択の質問でも、漠然とした質問でも、人生を問うような深遠な質問でも、大歓迎です。
むしろ「そんな面白いことを訊いてくるのか!」というような、ふしぎな質問や無茶苦茶な問いにワクワクします。

相談者さんと占い師の二人が真剣に、心を研ぎ澄ませて、占いの神様に問えば、出てくる卦のなかに必ず「答え」が隠されています。そのことにはこれまでの経験から確信があります。

気をつけていただきたいのは、易占いは吉凶(良い、悪い)がはっきり出る占いだということです。
占いに来られて「良いこと」だけを言ってほしい方もおられます。自分の希望する方向と違う答えを聞くと、急に不機嫌になられる方は少なくない。占い師としては困ってしまうのです。
今の吉凶をしっかりと受け止めたうえで、良ければ良いで油断せず、悪ければ悪いで今の方向を見直すきっかけに、占いを使っていただければと思っています。

出てきた64卦は、直感や霊感に「刺激」を与えるものに過ぎません。

64卦はとてもよくできていますが、でもそれだけにはとらわれてはいけません。
亀丸は、占いに大切なのは<感じること>だと思っています。

筮竹にしろ、タロットカードにしろ、占いの道具というのは、そのとき降りてくる直感や霊感に刺激を与えるものに過ぎません。
目の前にいる相談者さんから、その瞬間に感じるもの、それが大事。易経64卦の意味にとらわれすぎると、逆に占い時の直感が鈍るように感じます。

そのことを今、占う意味があるならば、必ず答えが出てくる──

そう信じられたとき、64卦の卦の先にあるものがきっと感じられると思います。



易占いについて詳しく知りたい方は──

易占いについてさまざまなことを書いています。
ブログカテゴリー「易占い」にお進みください。
http://kamemaru.blog.jp/category/ekisen.html

以下のカテゴリでは「易経」の言葉について解説しています。
http://kamemaru.net/cat_ekikyounokotoba.html


易占いについて本格的に勉強したいという方は──

独学で勉強されたい方向けの記事です。
易占い(周易)の勉強法 初心者向け
http://kamemaru.blog.jp/archives/ekibenkyo01.html

亀丸は大阪で易占い教室をやっています!

スケジュールなどは以下のカテゴリをご覧ください。
http://kamemaru.net/category/schoolevent.html




クリックをお願いします。