占い師 亀丸HP/易占 易経 手相 曜日占い

「あなたに笑顔になってほしい」あなたが笑顔になれる方法を探します。
大阪・千里眼にて対面鑑定、電話占いヴェルニ、易占レッスンなど活動中。

占い師 亀丸HP/易占 易経 手相 曜日占い イメージ画像

更新情報

戦国武将にはそれぞれお抱えの易占のブレーンがいました。今回は、最後の将軍・足利義昭と易占の話です。義昭は織田信長を頼っていいかどうかを占い、地沢臨の五爻を得ました。
『足利義昭と地沢臨』の画像

亀丸です。 9月は梨の季節ですよね。今の時期にスーパーにいくと、梨が店頭にずらりと並べられています。今回は中国の梨の説話をもとに、占いとは何かについて少し考えてみます。 梨は東アジアのパワーフード 梨は、桃や柿とともに弥生時代から日本人が食べてきた果物だそう
『梨を切る夢の話──解釈を変えれば、運命自体も変わる』の画像

亀丸です。先日、ある幼稚園の園長先生とお話しをする機会に恵まれました。幼稚園児ぐらいの子供って、とても面白いですよね。彼らの行動や話すことは、いつも予想のはるか斜め上をいってくれるので飽きません。この子はなんでそういう言動をとるんだろうと観察を続けていく
『男の子は何をして遊んだか、女の子は誰と遊んだかが、大事』の画像

亀丸です。前編よりの続きです。10年以上前「会社をやめるべき、続けるべきか」の二者択一の質問を占い師にしたとき、どう答えられたか。そのときの経験が今の占い師としての行動規範につながっていると思っています。
『二者択一に答えられる占い師でありたい(後編)』の画像

亀丸です。二者択一の質問にちゃんと答えられる占い師でありたいと思っています。その答が間違うこともあるかもしれません。でも、二者択一の質問に対して、その時出せる答をお伝えします。それはあなたを信頼しているから。
『二者択一に答えられる占い師でありたい(前編)』の画像

亀丸です。たまに易に詳しい人相手に鑑定をすることがあります。その時に「その卦は○○と解釈するんじゃないんですか?」と訊ねられることがあります。「その卦は、別の先生は違う風に解釈してましたけど、どっちが正しいんですか?」と。えー、まず大前提として、ひとつひ
『「その卦は別の先生は違う解釈ですけど、どっちが正しいんですか?」』の画像

亀丸です。占いが当たる仕組みを論理的に説明する、その3です。※占いが当たる仕組み01http://kamemaru.net/uranairon01.html 占いの波に「乗った」 プロの占い師同士で、他の占い師のことを「当たる」「当たらない」と評することはほとんどありません。そういうポイントで
『占い師の波に「乗る」──占いが当たる仕組み03』の画像

亀丸です。占いが当たる仕組みを論理的に説明する、その2です。※占いが当たる仕組み01http://kamemaru.net/uranairon01.html 人間の潜在意識を利用する 人間の潜在意識を利用するという考え方です。私は卜占を「占いの神様と対話する占いです」と説明しています。自分の後
『二人なら潜在意識に飛び込みやすい──占いが当たる仕組み02』の画像

亀丸です。なぜ占いが当たるのか。そんなもんは「感じるから」「視えるから」と一言で言ってしまえばいいのですが、占い師側の視点で、できるだけ論理的な説明をしてみようと思います。 「運」にはなにかしらの法則がある 「運」には法則があります。いわゆる「ツキ」という
『なぜおみくじで大吉が出たら嬉しいのか──占いが当たる仕組み01』の画像

亀丸です。人間は「不運」なことに気づきやすく、「幸運」なことに気づきにくいものです。       ※題材はなんでもいいのですが、こんなお話をあげてみます。『高校入試』というドラマがやっていました。人気小説家の湊かなえさんの脚本、長澤まさみさんの主演で、201
『気づきやすい「不運」、気づきにくい「幸運」』の画像

↑このページのトップヘ